旧価格の切手が手元にあり、新しい価格の切手に換えてもらう時にはその差額以外に、別に手数料が必要です。10円以上の切手では、手数料は1枚当たり5円かかり、10円未満の切手ならば、両者の合計を半分にした料金を手数料として支払うことになります。

いっそ新しく買った方が、得をする場合もありますし、状況次第ですが、切手買取業者へ売った方がいいという場合もあります。切手は思いの外メジャーな収集対象で高値がつく切手も出回っています。

買取専門店も各地でレアな切手を高値で買おうとしており少し考えてみただけでも意外なほどの市場の広がりを知って驚くことでしょう。他の趣味の世界と同様に、インターネットが普及してネットを介して売買することも増え、これから、店舗内外での取引がさらに増えるでしょう。

一般的な切手買取業者においては、通称プレミア切手という切手の買取の受け入れも行っています。

念のため、プレミア切手について説明すると、明治から昭和の戦後あたりの時代の切手を指し、有名なのは、「見返り美人」や「月に雁」というようなものです。

とてもレアなものなのでシートとしてでなくバラであっても高価格での買取になる見込みがあります。

切手は一度使ってしまったら、もう買い取ってはもらえないだろうと考えている人もいるかもしれませんが意外と、考えてもいない結果になる可能性もあるかもしれません。

中でも、古いもので大切に保管されていた良い状態のものでコレクターの中で需要の高いものであるともし使ってしまった切手だったとしても、買取契約が成立することもあるのです。

もしもあなたの自宅にそんな切手があれば、是非切手の買取業者へ聞いてみましょう。一般的に、切手というと郵便に利用するもので、消印が押印され、使用後は特に要らなくなるものです。そうは言ってももしも、そういった役目を終えた切手であっても、デザイン性や希少価値の高さによっては、買取価格が高い値段になることもあります。

例えば古い切手は持っているけどどのくらいの価値なのかどうなのかは不明ならば、切手の買取を行っている業者に査定をしてもらうといいと思います。あなたが切手を業者に売ろうとするとき、バラよりもシートの状態の方が高値が付きます。けれども、万が一、「バラしか持ってないよ」という場合でも、より高いレートで買取ってもらうための裏ワザが存在します。

台紙に貼付する、というシンプルな方法です。

同じ額面の切手が50枚あればできる方法です。

それらをA3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)に縦5行、横10列で貼付します。それだけです。

たったこれだけのことで、レートが10%アップすることもありますのでいつかのために忘れないようにしてくださいね。なるべく高値で切手を売るには、金券ショップのようなところに買い取ってもらうのではなく、専門の買取業者を選択するということが、大切です。選択時に大事なことは、評判をネットなどで調べてみて、評判のいいお店を何カ所かセレクトし、個々の業者へ査定を申し込み、高額となった業者に決めるのがベターです。

知らない人はいないと思いますが、元々、切手は郵便物に使う時のような大きさに切り離されて一枚ずつではないわけです。

本来は数枚の切手がひとまとまりになったいわゆる「切手シート」として印刷されます。切手を買取に出すときには切手シートとなっていても買取はしてもらえてひとまとまりになっていない切手の買取より高価買取が実現しやすいでしょう。

意外に、切手集めを趣味にしている人が増えはしても減ることなく、保存のいいものは買取時に額面には関係なく高価なプレミアがつくということもあります。同じ切手に高値をつける業者も、そうでない業者もいます。ということは手間を惜しまず高値で自分が持っている切手を買ってほしければいろいろな手段を使って、多くの買取業者の査定を受け比較検討することをおすすめします。

毎年、梅雨の時期にはカビが気になります。

幸いなことに今年は被害も少なく掃除は終わり、と思っていたら、生前の父がこまめに集めていた様々なシートや記念切手、バラなど、数冊のいろいろな種類の切手アルバムが出てきたんです。見た目では傷みはありませんが、この状態でうちで保管し続けたとしても質が落ちてしまいそうな気がします。

もうそろそろ、買取業者に持って行ってもいい時期が来たと言えるのでしょうか。